Paddyを使おう!

風景を登録する位置を微調整しよう

Paddyで風景を登録する場合、スマホのGPS機能を使って現在位置を自動的に読み取り、地図上に登録します。

でも、GPSはいつも完全に正確というわけではなく、「あー、通り1本ズレているなあ」とか「この大通りの向こう側じゃなくて、こっち側なんだよなあ」と、実際とは少しズレが生じていることがたまにあります。

そんな時には、手動でお好みの位置に微調整することができますよ。

20150405_001

風景をカメラで撮影すると「風景登録」の画面になり、その一番下が地図になっています。これが「GPSだとこの場所が現在地ですから、この場所に登録しますよ」という場所です。

この地図を見て「位置がズレてるなあ。そこじゃないんだよな」と思ったら、この地図をタップしてみて下さい。すると、「位置調整」という地図が大きな画面に変わります。

20150405_002

この地図はスワイプすることで全体が動きます。中央に赤い「十」のマークだけは動きませんが、この「十」の中央が実際に登録される場所ですので、登録したい地図上の場所に「十」を合わせます。ちなみに青い丸は、GPSが現在地だと認識している地点を表しています。

登録したい地点と「十」を合わせたら、下の「決定」を押して下さい。これで、地図上の位置が調整できました。

これは自分が登録した風景であれば、登録した後でも行なうことができますので、気が付いたら微調整してみて下さいね。

あなたの登録した風景を「実際にその場所に見に行きたい!」という人がたくさんいるかもしれません。そんな彼らのために、できる限り正確な位置を教えてあげたいですね。

ABOUT ME
Paddy編集部
Paddy編集部の中の人です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください