[女子のスマホレポート](14) ライター Wさん

20160719_001

女子たちはスマートフォンをどのように使いどのように楽しんでいるのかを聞くインタビューコンテンツ「女子のスマホレポート」。
今回話を伺ったのは、ライターとして活躍するYさん。
大学を卒業して1年半ほど韓国ソウルのベンチャー企業で不動産事業や民泊事業など数々の事業を一手に任されて、先日日本に帰国したばかりのYさんのスマホ事情に迫ります。

愛用するスマホはiPhone6sのピンクで、高校3年の頃からのiPhoneユーザー。
気分によって、ピンクパンサーが描かれたピンクのカバーかカオナシが描かれたグレーのカバーを付け替えるそうです。
待ち受け画面には韓国女性アイドルの壁紙。

20160719_002

メイン画面のドックには、電話、GoogleMap、カカオトーク、SNSフォルダ。

韓国人の友達や在韓の知人が多いため、韓国では一般的なカカオトークをよく利用しており、LINEなどよりも使用頻度は圧倒的に高いのだとか。また韓国の知人たちとsnapchatもよく使用。

よく見るアプリは、韓国のウェブコミックを読むことができるWebtoon。韓国人ユーザーの間ではとても人気のあるアプリで、現在は日本語版も出ていますが、日本の漫画は右から左に読んでいくのに対し、韓国の漫画は西洋と同じく左から右に読んでいく漫画がほとんどなので、日本の漫画とはまた違った独特の面白さがあるのだとか。

また最近は日本語文字入力のキーボードの着せ替えができるSimejiを愛用。使いやすい記号が多く、また顔文字も豊富なところがポイント。普段はピンク色に着せ替え。

20160719_004

撮影の時によく使うカメラアプリはLINEカメラで、よく使う加工アプリはBeautyPlus。通常のカメラアプリを使う場合はスクエア(正方形)で撮影することが多いそうです。

またSNS投稿のために特によく使う画像加工アプリはinstasize。額縁のように写真の周囲を白い枠で覆うのがYさん流。「作品」のように見えて好きなんだそうです。直接instagramに投稿できるというのが愛用のポイント。また複数の写真をinstagramに投稿する場合は、instagramレイアウトよりもinstamagのほうがオシャレな感じがするのでよく使うとか。

写真に文字を入れる際によく使うアプリはPhonto。文字の記入が簡単だし、フォントも多彩で、写真に「頑張った感」が出るのがいいとのこと。

20160719_003

これまでにも何度も日本と韓国の交流会を企画したというほど韓国が大好きなYさん。暇があると神保町にある韓国語の専門書店に足を運んでしまうそうです。

最近のオススメは韓国で放送されている『スーパーマンが帰ってきた』というテレビ番組。ママのいない48時間、パパが子どもを一人で面倒を見るという人気バラエティ番組で、子どもがかわいい上に子育てのTIPも出て勉強になるのだとか。

2016-07-22 | Posted in 女子のスマホレポートNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment